気ままな暮らし │ 旅行、海外、日本、自由人など

 

 

唯二の、厳選かけ流しとBBQ

 

 

 

 

<エメラルドグリーンの、1st湯> @奥津

 

兵庫から、岡山に入り、ついには奥津まできた。
めざすは、ご実家を民宿として開放くださっている、1軒家。
すっかり夜道になった県道を、どちらかの方角に向かう。
徐々に近づいていることを、知らせてくれる。

 

と、突然、左にわきにそれてく道がでる。
それも、農道みたく、ほそ~い道で、勾配もある道。
スピードをゆるめることなく、左へ舵をきった。

 

のぼると、そこには1軒の、家が見えた。
何もない、夜空に、車を突っ込ませた。

 

これが、the Okayamaである。
向かいの里の、家を示す明かりが、ぽつりぽつりと目に入る。
気候が夏なら、大自然に咲く、大きな蛍のよう。

 

先にチェックinを済ませ、
店主のトラクターが先導し、奥津温泉に到着する。
お宿に入り、女将に一言、申してもくれた。
事前に、連絡した、お二人と。

 

感謝。

 

ぎこちなくはあるけど、すべてはその言動で感じとれた。
後世に、伝える、価値のあるコトだと思える、この温かみ。

 

2段構成だった。
急な階段を上る2Fには、家族風呂。
吹き出す、厳選。透き通る、厳選。
逆に、迷宮の一部の、直線的な先の地下にも、
2艘の湯舟があった。男湯と女湯。

 

女将は、今の時間帯は誰もいないからと、
19時をまわったばかりの、エメラルドグリーンを貸し切り、
浸かる。

 

下から噴き出る源泉が、やわらかく浴槽をかき混ぜている。
どこかの洞窟だろう。
かすかな、外風が、地上との連絡網になっている。

 

鯛が、盛られていた。
すこし薄暗い玄関が、時の流れを感じさせてくれた。
過去の繁栄、今の繁栄。時は変われど、そこにある良泉が、
今後も、さらには世界中の人々を、魅惑し続けるのだろう、と。

 

記念にと、旅館の今を、カメラ越しに除いた。
青く漆黒とも映る遺産と、かたい握手をした。

 

 

 

<な~んにもない夜空に、満点のBBQ> @奥津

 

奥津温泉の、1軒から出た。
今度は、温泉街をのろのろと時速15kmで通り、つききった。
田んぼだろうか、開けた景色がおぼろげに見えた。
右にくねってゆくと、合流地点に出会えた。
左に曲がり、ようやく気付いた、初めに来た道に沿っていることを。

 

もとに位置に、車をおさめて、さぁ、BBQだ。

 

セットが、既に準備されていた。
炭が煌々と、燃え盛っていた。

 

『ジビエ料理』。

 

Okayama de zibie^^

 

初めてのフレーズに、奥津の良さを、また一つ味わった。

 

奥の台所から、出迎えてくれた店主。
既に、イノシシ、シカ、トリ肉を、加減の火に通してくれていた。
続けて、野菜も、仕上がりを見せつつある。

 

さっそくの、ご馳走に、いただきますをした。
事前に、旅行客に合わせて、ジビエを注文していてくれていた。
とてもとても、2人では食べきれない量の、おもてなし。
エビもそえた鉄板に、目がじっとみつめる。

 

 

 

<2nd名湯、奥津> @奥津

 

5月の肌寒さはあまり気にならない。
BBQの前後で、一夜明けまた源泉、しかもこの街唯二の温泉にあやかれる幸せ。

 

次は、下る。
殿、姫ごっこが、こだまする。
綺麗に、敷き詰められた、衣装カゴに、服を託す。

 

戸をあけると、階段に続いて、名湯が、またこの位置に誘導されていた。
並べられた、木々が、源泉の魅力をまた語る。

 

外は、雨。奥津の宿に、地に沿う雨。
出ようとした足を、とめてみた。
玄関を一望できる、しっとりとした雰囲気が、中にもあった。
ぶどうジュースが、すっと染み入ってゆく。美味しい。

 

 

 

<おばあちゃんたちの、愛情を受けて> @奥津

 

車窓からの、景色を眺める。
草花が、待ちわびている。
こんな雨の日は、彼らをどんなに勇気づけるだろうか。
恵が、またこの自然になり、こうやって戻ってくる。

 

あぁ、あめ、が生かす分子と原子。
この雨音が、リズムとなり、すべてに浸透してゆく。

 

近くの、道の駅に入った。
開店まで、もう少しの時間。唐辛子味噌と。
一回は見送った、バイキングを申し込んだ。

 

並んだ、お袋の味が、妙になじむ。
プレートいっぱいに、種類を詰めてみた。
ここのカレーも美味しいよ。寒暖差には、ビタミンもね。

 

 

 

おわり

 
page top