気ままな暮らし │ 旅行、海外、日本、自由人など

 

 

茅葺屋根の、藤のまんまえに

 

       ~目次~

1. 古民家に、到着 @福知山
2. 三和の集落を見渡す、小高い丘 @福知山
3. dinnerと伴に、morning @福知山

 

 

兵庫から、車を走らせ三田駅。
大阪から、友達に見送られ福知山線に乗り込む彼女。
駅のホーム、みんな乗車しないので、少々の驚き。

 

交番の前?歩道橋を渡って?前に何が見える?
やり取りを終えたころに、右手前の交差点でスーツケースを抱えた彼女がいた。
いつもの笑顔(笑)、

 

近くに評判高いパン屋を見つけ、車を走らせる。
区画化された住宅街を通り過ぎたところも、
区画化に励む、警備員。
なんと、入り口から並ぶ、大行列が見えるお昼前。

 

なんだろうね。すごぉーい。
そういや、聞いたことある名前。パティシエ、、、
あ、ここ三田で有名なお菓子屋さんだ、ったね(笑)。
大行列は、整理券を配り終えたメロンパンを待ち望む列。

 

前にかがみ、申し訳そうに列の中を進む。
中に入れた。
また数種類は残っていたパンを購入し、綾部方面に向かった。

 

 

<古民家に、到着> @福知山

 

街を通りぬけて、窓を全開に走った。
田舎の空気を吸い込み、勢いがます。
連ねる山々を奥に、手前は田畑が並ぶ。

 

そこ右じゃない?
スピードを落として、結構な急斜面を上ってゆく。
木製の看板が見えた。
フランスから移住された店主が、こんにちわ。
隣の駐車場に車を止めて、中へ中へ、初めて踏み入る三和町。

 

 

GW前に、到着。
今年の藤は、早く通りすぎるようで、もう少しレイトステージに突入してた。
明日は、のどかな田園風景を目の前に、morningが食べれるらしい^^

 

 

 

 

<三和の集落を見渡す、小高い丘> @福知山

 

三和の集落の近くを車で移動する。
約3分。見晴らしの良いカフェは、GW前後でお休みで。
引き返し、向かった先は、大原神社。
河岸に生い茂る、緑。

 

大化元年の645年には、元宮の大原神社が創建。
「大原神社本紀」という大原の縁起を語った本が残り、
語る、安産の神。
信仰を集めた。その、産屋も見納め、引きかえす。

 


 

手前から、小高い丘が見渡せる。
近そうな、道を選ぶと、車道に乗り出す藤がいた。

 

 

そろそろ夕日がみられるかな。
西から注ぐ光に、田面が呼応してる。
田植えの季節。側溝からの水を積止め、稲穂を想像する。

 

 

あれ、この先やないな(笑)、
辿った道を引き返し、また丘のてっぺんを望み、ゆく道を考える。
道らしい道がない道が、その道だ、と。
決めて戯れ歩む、三和町。

 

着いた!?んぢゃない?
見下ろす景色が、見えてきた、、わくわく。
眼下に広がる、絶景が心に残る。

 

これらを見下ろす丘には、かわいい茅葺屋根が1軒。
緑と新緑と、あわい緑と、しっかりとした焦げ茶色。
青空も交え、キャンパスを彩る役者たち。

 

 

 

普通の田舎とは、違う、と思った。
単に、のどかな景色が広がっているだけではなさそう。
単に、心安らぐ風が吹くだけではなさそう。
単に、大自然の香が匂うだけではなさそう。
単に、虫の音が耳に入るだけではなさそう。

 

視覚から、脳の神経細胞をくすぐり、
大きな電位差から勢いよくエネルギーを創り出し、
一気に嗅覚、聴覚からのinputを巻き込み、
全身に懸け巡らせている。

 

全てが統合的に、無意識に、身体を整えている、
そんな気がした。

 

 

 

帰り道。。カエり道。。
足止めて、いじる二人、おそろいで。

 

 

さぁ、そろそろ夕日の時間だよ。

 

部屋にもどると、まだ絵になる午後の額縁があった。

 

 

 

<dinnerと伴に、morning> @福知山

 

足を休め、陽の明かりがだんだん暗くなる。
縁側でも一休み。屋内でもまくらを敷いて、一休み。

 

ごはん出来ましたよー。
目をこすり、お腹をすかせ、音が鳴る。
いつもの旅とは違って、途中の間食をめいいっぱい抑えて、ここまできた。
我ながらに、いい按配と、思った。

 

部屋の二重戸を開け、左を向くと、京都らしい帯がテーブルカーテンになっていた。
華やか。でいて、落ち着く色合い。福知山も、京都か、と。
全て地で時の食材を使ってくれている。
地元のご近所のおばさんたちが、集まって夕食を創ってくれている。
この土地で伝わる料理も。へしこも入れてくれた。美味しい美味しい^^

 

 

朝食は、ここでします?それともお外?
まだひんやりする、三和の5月1日。
でも、せっかくの機会。なので、お外で。と、翌朝に期待を寄せる。
来た時にみた、まだ綺麗でいてくれる藤とともに、お食事を。

 

こんなmorningは初めてかも!!!

 

なんか、はしゃいでいつもより写真を多く撮る。
料理も、また地元の方々のふるまい。感謝感謝。
こうやって、みんな寄り添って、楽しむのって、いいね。

 

 

 

おわり

 
page top